「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

名古屋グランパスの10番を背負ってきた名選手4人

2016 8/13 15:01
豊田スタジアム
このエントリーをはてなブックマークに追加

日本のサッカー界を牽引してきた藤田俊哉選手

数々の名プレーを見せてきた藤田俊哉選手。2006年に名古屋グランパスエイトに移籍してからもジュビロ磐田在籍時同様10番を任されている。
類稀なるサッカーセンスと広い視野から生み出される華麗なパスから、数々のゴールを演出してきた。さらに、自身もJ通算107得点を挙げるなど、日本サッカー界を牽引してきたプレイヤーの一人と言える。2011年シーズンに所属したジェフユナイテッド市原・千葉を最後に、現役を引退。
その後は指導者の道を歩み始め、2013年にJFAの公認S級コーチに認定すると、翌年の2014年には、オランダのVVVフェンロのコーチに就任。将来は日本代表の監督になることも視野にいれているので、“藤田JAPAN”が見られる日が訪れるかもしれない。

名古屋グランパスエイトの中盤の要 小川佳純選手

現在、名古屋グランパスエイトの10番を背負っているのは、中盤の要として活躍する小川佳純選手。
ルーキーイヤーの2008年シーズンに新人賞とJリーグベストイレブンを受賞するなど、当初から脚光を浴びていた。プロ入り3年目となる2009年から10番を背負っており、今シーズンで実に7シーズン目を迎える。相手ディフェンダーからの激しいプレスやチームの不調もあり、10番を背負うことのプレッシャーに悩まされることもあったそうだ。

まとめ

いかがだっただろうか。サッカー好きなら誰もが知っている名選手ばかりだ。
特にストイコビッチは後に監督も務めるなど、名古屋グランパスエイトの顔として長年貢献してきたことがよくわかる。

おすすめの記事