「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【2017年】Jリーグで今見ておくべき注目選手5名

2017 6/28 18:44Aki
soccer
このエントリーをはてなブックマークに追加

ついに覚醒した大器 杉本健勇選手/セレッソ大阪

身長187cmと大柄がならも足元のテクニックにすぐれ、スピードもある。これまで指導した全ての監督から期待を寄せられ、香川真司選手や乾貴士選手、清武弘嗣選手、山口蛍選手など数々の若手選手を大きく成長させた、元セレッソ大阪のレヴィー・クルピ監督がナンバーワンの素材だと評価したのは、セレッソ大阪の杉本健勇選手。これまで大きな期待をかけられながらもブレイクには至らず、2015年に移籍した川崎フロンターレでも期待に応えられなかった。

しかし2015年にJ2で苦しむ古巣セレッソ大阪に復帰すると、キャリアハイとなる14得点を記録。J1復帰となった2017シーズンも、ライバルのガンバ大阪との大阪ダービーで2得点を記録し、ついに覚醒の時を感じさせている。
杉本選手の成長を感じさせるのは、得意なゴールのパターンを掴んだ事。これまでは日本人離れした体格に注目があつまり、それを活かそうとした形のゴールを求められてきたが実は、最も得意としているのは前を向いた状態でドリブルで仕掛けてからのシュート。2016シーズンこのパターンでゴールを量産した事で自信を深め自分のものとすると、ガンバ大阪との大阪ダービーで最も得意とするパターンで同点ゴールを決めてみせた。 杉本選手が左寄りの位置からゴールに向かってドリブルで仕掛けた時、その時こそが最もゴールの可能性を感じさせる瞬間だ。

おすすめの記事