「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ボールポゼッション率から見るJ1各チームの戦い方

2017 6/28 18:44Aki
soccer data
このエントリーをはてなブックマークに追加

各チームの傾向が現れ始めたJ1リーグ

2017年の明治安田生命J1リーグも、開幕から1ヶ月を過ぎるると様々な事がわかるようになってきた。
結果についてはそれぞれ期待通りのチーム、期待以上のチームはもちろん、現時点では期待に答えられていないチームも出てきている。そしてそれだけではなく試合数を重ねる事で、2017年の各チームの志向する戦い方やスタイルなどが見られる様になってきている。
今回はその中でも、各チームのボールポゼッション率を中心に、各チームの傾向を考察していく。 ご紹介する各データは、Jリーグ公認データStatsStadium(スタッツスタジアム)を使用している「Football LAB[フットボールラボ]」(http://www.football-lab.jp)より、2017年の明治安田生命J1リーグ第1節~第7節までの7試合のデータを使用している。

J1各チームのボールポゼッション率

1位 60.6% 浦和レッズ
2位 57.4% 川崎フロンターレ
3位 56.6% サンフレッチェ広島
4位 55.1% 鹿島アントラーズ
5位 53.2% ベガルタ仙台
6位 53.1% 柏レイソル
7位 52.2% ガンバ大阪
8位 51.0% FC東京
9位 50.4% 横浜F・マリノス
10位 49.9% 大宮アルディージャ
11位 47.6% 清水エスパルス
12位 47.0% セレッソ大阪
12位 47.0% ヴィッセル神戸
14位 44.6% 北海道コンサドーレ札幌
15位 44.5% サガン鳥栖
16位 44.1% ジュビロ磐田
17位 43.5% ヴァンフォーレ甲府
18位 40.2% アルビレックス新潟

出典: Football LAB

※4月19日現在 2017年明治安田生命J1リーグ第1節~第7節を対象 ボールポゼッション率とはその名の通り、1試合90分のうちボールを保持している時間の比率の事だ。
ボールポゼッション率のランキングは、強豪チームが上位にくる傾向がある。しかしボールポゼッション率12位のヴィッセル神戸が順位表では上位争いをしているように、決して結果を表すものではない。 しかし、各チームのスタイルがわかる要素として活用されている。

おすすめの記事