「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

Jリーガーの市場価値をチェック

2017 6/28 18:44Aki
soccer money
このエントリーをはてなブックマークに追加

200万ユーロで並ぶウーゴ・ヴィエイラ選手、アデミウソン選手

森重選手らと同じく200万ユーロでならぶのは、ウーゴ・ヴィエイラ選手とアデミウソン選手だ。 この2人は同じ市場価値とされているが、これまでの推移は全く異なる。
ウーゴ・ヴィエイラ選手はポルトガル2部から這い上がり、ポルトガルのビッグクラブ、ベンフィカ・リスボンに加入するも活躍できず様々な国でプレーすることとなる。しかしその後、26歳で加入したセルビアのレッドスター・ベオグラードでブレイク。徐々に市場価値を高めていったという経歴を持っている選手だ。 一方のアデミウソン選手は、10代の時に既に現在と同じ200万ユーロ(約2億4千万円)の市場価値がついていた選手だ。
FCサンパウロやブラジルの年代別代表で活躍し、早くからヨーロッパで注目を集めていた選手の1人として知られている。それに注目していたクラブの1つがマンチェスター・シティであり、2015年に期限付きの条件で、横浜F・マリノスが提携関係から借り入れる事になったというのが、来日のきっかけだと言われている。

【番外編】J2でプレーする選手の市場価値トップ10

1位 ホアキン・ラリベイ選手(千葉) 125万ユーロ(約1億5千万円)
2位 フェリペ・ガルシア選手(名古屋) 90万ユーロ(約1億1千万円)
3位 秋元陽太選手(湘南) 80万ユーロ(約1億円)
4位 ジエゴ(松本) 80万ユーロ(約1億円)
4位 エスクデロ競飛男(京都) 80万ユーロ(約1億円)
6位 シシーニョ(湘南) 75万ユーロ(約9500万円)
7位 ウィリアン・ポッピ(福岡) 75万ユーロ(約9500万円)
8位 イバ(横浜FC) 70万ユーロ(約9000万円)
9位 指宿洋史(千葉) 70万ユーロ(約9000万円)
10位 高山薫(湘南) 70万ユーロ(約9000万円)

こちらでも、ヨーロッパで実績があるラリベイ選手が最高額だ。
日本人選手の最高位が、湘南ベルマーレのゴールキーパー秋元選手になっているのは、昨年のACLに出場しているので、おそらく国際大会での実績が評価されているのだろう。

おすすめの記事