「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ガンバ大阪の歴代監督がチームに残したモノ

2016 7/31 18:20
ガンバ大阪
このエントリーをはてなブックマークに追加

ガンバの監督といえばこの人 西野朗

10年もの間、ガンバ大阪の監督を務め上げ、その間に数多くのタイトルを獲得することに成功したのが西野朗だ。1996年のアトランタオリンピックの監督として、功罪を指摘されている中での監督就任だったが、遠藤保仁を中心に据えるサッカーは魅力的そのものだった。
また、単に強いだけでなく攻撃サッカーは多くのファンを魅了した。どちらかと言うと、自分の戦術に選手を当てはめるのではなく、選手を中心として戦術を構築する形を採用していた。その中心となったのが、遠藤保仁だった。ところが西野朗が退任した翌シーズン、チームは崩壊してJ2降格の悲劇に見舞われる。

チームを立て直した立役者 長谷川健太

初のJ2落ちから、見事チームを立て直したのが長谷川健太だ。清水エスパルスでしっかり実績を残していた中でのガンバ監督就任だったが、周囲の目は懐疑的だった。そんな中、1シーズンでJ1復帰を果たし、何と翌年にはJ1優勝という快挙を成し遂げる。
西野朗とは逆、自分の戦術に選手を当てはめるスタイルを採用しているが、人身把握力に長けて、また西野時代の長所もしっかりと織り交ぜたスタイルの採用により、チーム力をアップすることに成功している。

おすすめの記事