「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

最多勝ち点チームのプライド、浦和レッズの2017年展望

2017 2/22 15:03Aki
サッカーボール,ⒸSPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

新加入選手の注目度ナンバーワン矢島慎也選手

新加入選手で最も期待がかかる選手は矢島慎也選手でしょう。
矢島選手は浦和レッズからファジアーノ岡山にレンタル移籍していた選手ですので厳密にいえば新加入選手ではありませんが、2016年で最も成長を見せた若手選手の1人。レンタル先のファジアーノ岡山ではボランチという新たなポジションにチャレンジし、新加入選手といってもよいぐらい以前浦和レッズでプレーしていた時とはプレースタイルが変化しています。
以前浦和レッズでプレーしていたときはテクニカルなアタッカーというプレースタイルだった矢島選手がファジアーノ岡山で身につけたのはボランチとしてのプレー。
浦和レッズと同じフォーメーションを採用するファジアーノ岡山で、ボランチとして長短のパスを駆使しながら攻撃陣を牽引し、また時にはゴール前に進出しゴールも決める。クラブ史上初めてJ1昇格にあと一歩とせまったファジアーノ岡山の躍進は矢島選手の存在抜きでは語れないほど。本人も大きな刺激を受けたと語るリオオリンピックから帰国後のプレーは凄みすら感じさせるものでした。
昨シーズンは柏木選手が務める事が多かった浦和レッズのボランチというポジション。ここに矢島選手が食い込む事ができれば、再び柏木選手を前線に戻す事も可能となり、さらなる攻撃のバリエーションを増やす事も可能。
矢島選手が出場機会を掴む事ができた時、浦和レッズにさらなる進化が見られる可能性も高そうです。

おすすめの記事