「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

U22日本代表、トゥーロン国際大会ベスト4進出 得失点差で上回りグループリーグ首位突破

2019 6/10 10:54中山亮
イメージ画像ⒸSPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

日本が首位でグループリーグ突破

トゥーロン国際大会に出場している日本代表はグループステージ3試合が終了した。

イングランドU-20、チリU-22、ポルトガルU-19が入る厳しいグループは予想通り2勝1敗の勝ち点6で3チームが並ぶ激戦となったが、日本代表U-22が得失点差で上回り首位となりグループリーグ突破を決定。本田圭佑、岡崎慎司、吉田麻也、森重真人、西川周作らを擁した2008年大会以来となるベスト4進出を決めた。

同時期にU-20ワールドカップ、コパ・アメリカが行われるため、これまでの主軸の多くはコパ・アメリカにまわることになった今回のトゥーロン国際大会。日本から出場したメンバーは、以下の20名だ。

【GK】
山口瑠伊(エストレマドゥーラ)
オビ・パウエルオビンナ(流通経大)
波多野豪(東京)

【DF】
椎橋慧也(仙台)
大南拓磨(磐田)
岡崎慎(東京)
古賀太陽(柏)
田中駿汰(大体大・札幌内定) 初

【MF】
伊藤達哉(ハンブルガーSV)
長沼洋一(愛媛) 神谷優太(愛媛)
三苫薫(筑波大・川崎内定)
舩木翔(C大阪)
岩崎悠人(札幌)
相馬勇紀(名古屋)初
高宇洋(G大阪)初
田中碧(川崎F)初
川井歩(山口)初
松岡大起(鳥栖)初

【FW】
小川航基(磐田)
旗手怜央(順天堂大学・川崎内定)
小松蓮(金沢)

おすすめの記事