「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ベティスで不遇の乾貴士がローン移籍したアラベスとは

2019 1/31 15:00橘ナオヤ
乾貴士,Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

プレー機会を求め移籍を決断

アジアカップ2019を戦う日本代表の森保一監督は、中島翔哉の負傷離脱を受けて乾貴士を追加招集した。そのアラブ首長国連邦(UAE)の地で、移籍という大きな決断をした乾。今季から加入したレアル・ベティスでは十分な出場機会を得られていなかったためだ。1月24日、今シーズン終了までのレンタル移籍で、デポルティーボ・アラベスへと戦いの場を移した。

ワールドカップロシア大会では4試合で2ゴール。セネガル戦とベルギー戦であげた鮮烈なゴールによって、FIFAが選出する「ロシア・ワールドカップで台頭したスター5選手」にも選ばれた乾。SDエイバルで3シーズン主力として活躍したのちに、W杯前にベティスへの移籍を発表。W杯での活躍を手土産に、新天地でもそのまま活躍するかと期待された。

だが、キケ・セティエン監督のファーストチョイスから外れ、リーグ戦と国内、欧州のカップ戦を合わせて14試合の出場にとどまっていた。事態を打開すべく乾が選んだのが、アラベス移籍だった。

アラベスとはどんなクラブ?

デポルティーボ・アラベスは、バスク自治州の州都ビトリア=ガステイスに拠点を置くクラブ。ここ10年は2部、3部を主戦場としていたが、2016-17シーズンにプリメーラ(1部)に昇格。今シーズンがプリメーラ3シーズン目となる。

本拠地エスタディオ・デ ・ メンディソローサ(収容人数約19,500人)はエイバル(エスタディオ・ムニシパル・デ・イプルーア 5,250人)よりは大きいが、ベティスのホーム、ベニート・ビジャマリン(約52,000人)と比べると小さい。また、監督の基本戦術が違うので「同じ」とは言えないが、リーガの中では規模がともに小さく同じバスクに拠点を置くという共通点があるため、多少はエイバルに似た環境とも言える。

おすすめの記事