「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

勝負にこだわったサッカー日本代表 アジアカップベスト8進出!

2019 1/22 11:47中山亮
サッカー日本代表
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

圧倒的なボール保持力を見せたサウジアラビア

1月21日にAFCアジアカップUAE2019決勝トーナメント1回戦の日本対サウジアラビアが行われ、日本代表は1-0で勝利し、準々決勝へ駒を進めた。この試合において、日本は開始5分にしてサウジアラビアの誇るボール保持力の前に、カウンター狙いを強いられる展開となった。

グループステージの試合でも、ボール保持にこだわるサッカーを見せていたサウジアラビア。コパ・アメリカ2016でチリ代表を優勝に導いたピッツィ監督率いるサウジアラビアは、チームとしてボールを持つ仕組みが整備されていた。

それに対して、日本は立ち上がりに前線の武藤と南野がプレッシングを仕掛けるが、全くボールを奪えなかった。 おそらく現時点では10回戦っても、10回ともサウジアラビアがボールを持つ展開になっただろう。サウジアラビアのボール保持と日本のボールを奪いに行くプレッシングには、チームとしてそれだけの差があった。ポゼッション率で日本が23.7%、サウジアラビアが76.3%となったのは決して偶然ではなかった。

おすすめの記事