「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

グループステージで露呈した森保ジャパンの課題 “守備連携”と“ゲームメイカーの不在”

2019 1/18 11:45橘ナオヤ
武藤,Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

グループステージ全勝も懸念点があらわに

2019年アジアカップのグループステージが終わった。日本は3戦全勝で決勝トーナメント進出を果たした。森保ジャパン初の国際大会だが、これまで絶対的な主力だった中島翔哉(ポルティモネンセ)と若手DF守田英正(川崎フロンターレ)が負傷により辞退。代わって乾貴士(ベティス)と塩谷司(アル・アイン)が加わった。

優勝候補の一角として無敗で突破したものの、その内容は万全とは程遠い。守備ではGKとディフェンス陣の意思疎通、サイドのケアの課題が浮き彫りとなった。

そして攻撃では主軸選手の離脱の影響が大きい。手応えもあるだけに、決勝トーナメントに向けて早急に懸念を解消してほしいところだ。

おすすめの記事