「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

日本代表2連勝も失点危機に共通点 ポジショニングの課題浮き彫り

2019 1/16 11:00中山亮
AFCアジアカップUAE2019グルーブステージ第2節,Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

リンクしている横幅問題と攻撃時のポジショニング問題

2つの問題点は、実は同じところに原因がある。攻撃時にカウンターをケアしたポジションを取れないのは、攻撃時に横幅を作る選手やルールが曖昧になってしまっているからだ。

横幅を作るためには、SHが外にいればSBは中、SHが中に入ればSBが外と、両者の動きが対になっている必要がある。これはあくまで横幅という部分のみ。当然ながらそこに様々な状況が加わりポジショニングが決まる。

その1つが相手のカウンターケアするための、攻撃時のポジショニング。

SBが低い位置で中央に絞ったポジションを取っているなら、守備的MFは攻撃のために前に出てパスワークに加わることができる。

しかし、SBが高い位置を取るなら逆サイドのSBもしくは守備的MFの1人がCBの近くに残る必要が出てくる。もし両方のSBが高い位置を取るなら守備的MFが残るのは必須である。

ここまでの2試合をみる限り、現時点の日本代表はこれらのルールが曖昧なのだろう。その結果SBが高い位置を取るかどうかの判断が遅れてしまったり、逆にSBと守備的MFが同時に前に出てしまい簡単にカウンターを受けてしまったりする場面が生まれている。

これらは選手個々のというよりも連携面、チームとしての問題である。全体のポジショニングのきっかけとなる選手を決めるのか。もしくはチームとしてポジション毎にベースとなる役割を決めるのか。

解決するための方法は様々あるが、決勝トーナメントで勝ち進むためには少しでも早く改善しておきたい。

おすすめの記事