「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

日本代表2連勝も失点危機に共通点 ポジショニングの課題浮き彫り

2019 1/16 11:00中山亮
AFCアジアカップUAE2019グルーブステージ第2節,Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

攻撃しているときに守備陣はどこにいるのか

トルクメニスタン戦の後半、一気に3点を奪い逆転に成功したものの最後までギリギリの展開となったのは2失点目を喫したからだった。

スローインを受けた北川が中盤でボールを奪われてしまったことからはじまり、さらに権田が相手選手を倒して与えたPKによる失点である。

この場面、北川がボールを失わなければ、権田がPKを与えなければ、という見方もできるが、北川のボールロストと権田のプレーの間にはたった1本のパスしかない。たった1本のパスで簡単にペナルティエリア内にGKと1対1の状況を作られてしまっているのだ。

北川のボールロストの場面で、周囲の選手は全く相手のカウンターをケアしたポジショニングを取れていなかったということである。

初戦の失点シーンほど決定機にはならなかったが、これに近いシーンはオマーン戦でも何度か見かけられた。

その1つが前半20分に受けたカウンターだ。

日本は右サイドから柴崎のサイドチェンジで左サイドの原口に展開。そこから南野がペナルティエリア内でボールを受けるもシュートまで持っていけなかったところからオマーンのカウンターを食らう。

この時オマーンはペナルティエリアすぐ外からの1本のパスで日本のCBと2対2の状況を作り、20番サラー・アルヤハヤエイのスルーパスを受けた16番ムフセン・アルガッサニがペナルティエリア内で権田をかわしてシュートを放っている。

幸いにもシュートは枠を外れたが、失点してもおかしくないシーン。このときも相手のカウンターをケアしたポジショニングが全く取れていなかった。

おすすめの記事