「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

日本代表2連勝も失点危機に共通点 ポジショニングの課題浮き彫り

2019 1/16 11:00中山亮
AFCアジアカップUAE2019グルーブステージ第2節,Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

横幅を誰が作るのか

AFCアジアカップUAE2019グルーブステージ第2節、日本対オマーンの一戦は、原口がPKで奪った1点を守りきり日本が勝利。2連勝で決勝トーナメント進出が決定した。しかし、試合は初戦に続き辛勝。2大会ぶりの優勝へ何が課題となっているのか。

トルクメニスタン戦の前半は、中央を閉める相手の守備に対して、中央でのコンビネーションに固執した結果、攻撃が上手く機能しなかった。後半に入り左SHの原口がサイドに開くことで改善されたものの、このトルクメニスタン戦の前半のプレーは今後対戦するチームにとって日本代表対策として大きなヒントとなったはずだ。

そして2戦目となるオマーン戦。トルクメニスタンの5-4-1に対しオマーンは4-4-2とフォーメーションこそ異なるものの、同じ様に中央を閉める守備ブロックを形成してきた。これに対して日本は、初戦の反省からか右SHの堂安がサイドに開いたポジショニングを取る場面が多くみられた。

しかし、ここで浮かび上がったのが、このSHのポジショニングがチームに浸透していないということ。トルクメニスタン戦の後半は原口が徹底してサイドに開いたポジショニングを取ることで改善したが、オマーン戦では堂安がサイドに開いたポジショニングを取る場面が増えていたものの、従来通り中央に入っていく場面も多かった。

SHが中央に入った場合でも、入れ替わるようにSBが高い位置に出て幅を作ることができていれば問題ないのだが、明らかに連係出来ていない場面があった。

おすすめの記事