「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

平成8年 ブラジルに勝った「マイアミの奇跡」【平成スポーツハイライト】

2019 1/10 07:00SPAIA編集部
サッカーⒸShutterstock.com
このエントリーをはてなブックマークに追加

グループリーグ敗退も世界にアピール

日本は第2戦でナイジェリアに0-2で敗れ、第3戦はハンガリーを3-2で破って2勝1敗としたが、得失点差でグループリーグ敗退となった。結局、優勝は日本がこの大会唯一の黒星を喫したナイジェリア、ブラジルは3位だった。

平成5年のJリーグ開幕以降、サッカーの人気や注目度は飛躍的に向上していたが、ワールドカップ米国大会の出場を逃し、世界的な実績はまだまだ乏しかった日本にとって、この一戦は世界にアピールする大きな契機になった。この時のメンバーだった川口、中田、城らは後にA代表でも主力となった。

おすすめの記事