「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

日本代表20年ぶりにコパ・アメリカ出場へ 参戦の理由はUEFAネーションズリーグ

2018 12/13 15:00中山亮
このエントリーをはてなブックマークに追加

参戦理由は代表強化。欧州勢との対戦が困難に

来年2019年は1月にAFCアジアカップが開催されるため日程に余裕は無い。

その様な状況でありながらも今回参加を決めたのは、国際Aマッチを取り巻く環境が大きく変わったことだろう。

ロシアワールドカップ以降、日本代表は地震の影響で中止となったチリ戦を含め6試合をマッチメークしたが、その中にUEFA(ヨーロッパサッカー連盟)加盟国は1つもないことを疑問に感じた方もいるかもしれない。

これはUEFA(ヨーロッパサッカー連盟)では、ワールドカップ終了後から代表チームによる国際大会、UEFAネーションズリーグが開催されるようになったから。ヨーロッパの国々はインターナショナルマッチデーのほとんどがこの大会に使用されることになり、日本がUEFA加盟国と対戦すること自体が難しくなったのだ。

そんな中で受けたCONMEBOLからの招待。日本代表の強化を図る上でこの機会を逃す手はない。

2019年6月14日~7月7日にブラジルで行われるコパ・アメリカ2019。 組み合わせ抽選会は、来年1月24日のブラジル時間20:30(日本時間9:30)にブラジリアで行う予定となっている。

おすすめの記事