「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

日本代表20年ぶりにコパ・アメリカ出場へ 参戦の理由はUEFAネーションズリーグ

2018 12/13 15:00中山亮
このエントリーをはてなブックマークに追加

日本は3度招待のうち参加「1」、辞退「2」

コパ・アメリカという歴史ある大会に日本代表が参加できることには大きなメリットがある。

それはこれまでメキシコが行ってきたことでもあるワールドカップ優勝国と真剣勝負ができること。

この大会は普段のフレンドリーマッチではない。南米各国が威信をかけて戦う大陸選手権なのだ。

先日、日本代表がウルグアイに勝利したように日本国内で戦うフレンドリーマッチでは日本代表が南米国に勝利することはあるが、日本は南米勢を苦手としている。

ワールドカップではロシア大会でのコロンビア戦が初勝利。それ以前の4回の対戦では全敗している。ちなみにこの試合は日本だけでなくアジア勢がW杯で南米チームに初めて勝利した試合でもあった。

代表を強化する絶好の機会でもあるが、日本はこれまで1999年、2011年、2015年と3度招待されているが、参加したのは1999年の1度のみ。2011年は東日本大震災が発生したため、2015年は日程の都合で辞退している。

おすすめの記事