「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

森保JAPAN初の引き分け 収穫と課題が見えてきたベネズエラ戦

2018 11/19 15:20中山亮
森保監督,日本代表,Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

南米の新興国ベネズエラ

11月16日に行われたキリンチャレンジカップ2018、日本代表対ベネズエラ代表は1-1の引き分け。森保JAPAN初の引き分けは収穫と課題を感じさせる試合となった。

ベネズエラ代表は、ワールドカップ出場経験こそないものの昨年行われたU-20ワールドカップでは準優勝。この大会では決勝トーナメント1回戦で堂安、富安を擁するU-20日本代表とも対戦しており、延長戦の末にベネズエラが勝利している。

また代表選手のほとんどの選手が国外でプレーしており、中でもスペインリーグで活躍し、現在は武藤嘉紀が所属するニューカッスルで9番をつけるサロモン・ロンドン、セリエAトリノで中盤のレジスタとして活躍するトマス・リンコン、そして今季スペインからセリエAウディネーゼに移籍したスピードスター、ダルウィン・マチスの3選手が広く知られている。

相対する日本代表の先発メンバーは、前回のウルグアイ戦に続き4-2-3-1の布陣ながら、3人を入れ替えた。大迫、南野、中島、堂安、柴崎、遠藤、酒井宏樹、吉田に加え、左SBに長友から佐々木、CBに三浦から富安。GKに東口からこの試合が日本代表デビューとなるシュミット・ダニエルとなった。

おすすめの記事