「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

U-20ワールドカップ2017日本代表注目選手紹介!

2017 3/16 09:28芝田カズヤ
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

チームのエース、小川航基

続いて紹介するのはジュビロ磐田所属の小川航基(おがわこうき)選手だ。小川選手は神奈川県の桐光学園高校から2016にジュビロ磐田に入団し、高校時代からFWとして注目を集める選手だ。特にキャプテンとして出場した高校選手権では、大会前から大会No.1ストライカー、得点王候補などと言われていた。
プロ1年目の2016年シーズン、ジュビロでは満足のいく成績は残せていないものの、U-19日本代表の一員として参加したU-20ワールドカップアジア予選では、チーム最多タイの3得点を挙げるなど出場権獲得に大きく貢献している。本大会でも何点奪ってくれるのか期待したいところだ。

もしかしたら出場の可能性あり?久保建英

3人目は現在FC東京U-18に所属する久保建英(くぼたけふさ)選手だ。久保選手に関してはすでに多くのメディアなどでもその動向が報じられていることから、みなさんもよくご存知の選手だろう。
スペインの名門バルセロナの下部組織に所属し、日本に戻ってきてからはFC東京の下部組織でプレーをしていて、中学生ながら飛び級で高校年代の試合に出場すると、その後はJリーグデビューも果たすなど、とにかく話題が多い選手だ。
そんな久保選手はU-20ワールドカップを戦う代表チームに以前召集されている。2017年に16歳になる久保選手にとっては、最大で4歳年上の選手とともにプレーすることになるが、年齢差を感じさせないほどの実力を発揮しているそうだ。
またU-20日本代表の1つ下のカテゴリーであるU-17日本代表にも選ばれていて、同じく今年開催されるU-17ワールドカップへの出場も期待されている。
U-17とU-20という2つの代表チームに選ばれているのでどちらのチームのワールドカップに出場するのか、もしくは両方出場するのか、まだその点は不明だが今後の活躍が大いに期待される選手だ。

U-20日本代表は東京オリンピック世代でもある

2017年のU-20ワールドカップに出場する選手達の多くは、3年後の2020年には23歳となり東京オリンピックを戦うU-23日本代表となります。
今の中心選手が必ずしもそのままオリンピックメンバーになるとは限らないが、それでも今回のU-20ワールドカップで世界と戦う舞台を経験し、さらにそこに結果も伴って来れば3年後のオリンピックに向けて大きな弾みとなるはずだ。
5大会ぶりの本大会出場、東京オリンピック世代ということもあって、日本サッカーの期待を背負うことになる世代でもあるため、ぜひとも注目したいところだ。

まとめ

メンバー発表はまだ行われていないため、最後の最後まで誰が召集されるかわからない。もしかしたら直前になってシンデレラボーイのように召集される選手が出てきてもおかしくはない。どのような選手が本大会で活躍してくれるのか楽しみだ。

おすすめの記事