「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

全国の高校生に贈る全国高等学校サッカー選手権大会の応援歌

2017 10/13 10:05hiiragi
サッカー 応援
このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年91回miwa「ホイッスル~君と過ごした日々~」

第91回大会の応援歌は、シンガーソングライターmiwaさんの「ホイッスル~君と過ごした日々~」だった。

この曲はmiwaさんの作詞作曲によるものであり、実際に高校サッカー選手権の予選を見て熱さを感じて作り上げたそうだ。予選に敗れた選手達に、ここは終わりではなくスタートなんだと伝えたかった。新しい一歩を踏み出せるような応援歌になってくれればいいと語っている。
国立競技場で行われた決勝戦は、宮崎県の鵬翔高等学校がPK戦の末京都橘高等学校を破り初優勝を成し遂げた。

2010年89回WEAVER「キミノトモダチ」

第89回大会の応援歌は、スリーピースピアノ・ロックバンドWEAVERの「キミノトモダチ」だった。

この曲はメンバーの杉本雄治さん作曲、河邉徹さん作詞によるもので、2011年国立競技場で行われた決勝戦兵庫県の滝川第二高等学校対京都府の久御山高等学校の決勝前に演奏された。

歌の題名のとおり、高校時代に自分を支えてくれる友達をテーマにしたものだ。高校時代という人生の限られた期間に、共に戦い心の支えにもなってくれた友達の大切さに気づいて欲しい、そんな思いが込められている。
決勝戦は滝川第二高等学校が5対3で初優勝に輝いた。

おすすめの記事