「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

全国高等学校サッカー選手権大会の歴史

2017 10/13 10:05hiiragi
サッカー 日本 高校
このエントリーをはてなブックマークに追加

静岡県勢の台頭と首都圏への会場変更

浦和勢に少し遅れて1962年には静岡県の藤枝東高等学校が初優勝を果たした。

藤枝東高は1962年に続き1963年、1966年、1970年と短期間に4回の優勝を飾り1時代を築くとともに、静岡県サッカー王国の先駆けとなった。この後1970年代~1980年代にかけて清水東高等学校、静岡工業高等学校、静岡学園高等学校などが決勝戦に進出、1982年清水東高等学校、1985年市立清水商業高等学校、1986年東海大学第一高等学校と次々と初優勝を果たした。

1976年に会場が関西から首都圏に移され、国立霞ヶ丘陸上競技場を中心に開催された。決勝戦は浦和勢対静岡勢で争われ、浦和南高校が静岡学園高校を5対4で下し、3回目の優勝を連覇で飾った。

帝京高校の登場と各県1校時代へ

この浦和勢と静岡勢に割って入ったのが東京都の帝京高等学校だった。

帝京高校は1974年に初優勝を挙げると1984年までに5回の優勝を挙げ、1991年と合わせて戦後では最多タイを誇る6回の優勝に輝いている。

帝京高校全盛期の1983年からは、出場校が各都道府県1校(東京は2校)となり48チームで争われる現行方式に変更された。この年の決勝戦は帝京高校と清水東高校の東京対静岡の戦いとなり1対0で帝京高校が勝っている。

おすすめの記事