「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

全国高等学校サッカー選手権大会歴代優勝校・優勝回数ランキング

2017 10/13 10:05hiiragi
サッカー 日本 高校
このエントリーをはてなブックマークに追加

全体1位御影師範学校11回、戦後1位は全体2位6回で帝京高校

戦前戦後を通じて1位は11回と群を抜く御影師範学校で、初期の関西チーム限定時代に7連覇を含む11回の優勝を重ねた。
2位は東京都の帝京高等学校で、サッカー部の設立は1956年と古く、全国高等学校サッカー選手権大会には6回の優勝がある。

帝京高校の初優勝は1974年の第53回大会だった。1回戦は無難に勝ち上がったが、2回戦3回戦共にPK戦で辛うじて勝ち上がり決勝戦では静岡県代表県立清水東高等学校と対戦、3対1で勝ち初優勝を手に入れた。
その後1970年代に2回、1980年代に2回の優勝があるが、1991年を最後に優勝から遠のいている。2016年の第95回大会には、東京都予選Bブロック決勝で敗れて出場はならなかった。

2位タイ6回長崎県国見高校

2位タイにランキングされる国見高等学校は長崎県雲仙市にある県立高校だ。全国高等学校サッカー選手権大会では6回の優勝を誇り、準優勝も3度経験している。

初優勝は1987年の第66対大会だった。決勝までは順調に勝ち上がり、決勝では静岡県代表の東海大学第一高等学校(現東海大学付属静岡翔洋高等学校)に1対0で勝利した。その後1990年代に2回、2000年代に3回の優勝を重ねたが、2003年を最後に優勝はない。

2016年第95回大会では、県予選準々決勝で長崎海星高等学校に0対1で敗れて本選には進めなかった。

おすすめの記事