「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【2010年代の衝撃】サッカー界が揺れた注目の移籍と結果に迫る!

2018 1/1 23:03dai06
ネイマール選手
このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年!PSG入りは伝説の移籍となるか、ネイマール

2010年代の移籍はおろか、これまでのサッカー史を揺るがす移籍が2017年に起こった。ネイマール選手(以下、敬称略)のパリ・サンジェルマンFC(以下、PSG)への移籍だ。

ネイマールは世界最高峰のアタッカーとして、2013年に約110億円でサントスFCからバルセロナに加入。リオネル・メッシ選手(以下、敬称略)、ルイス・スアレス選手らと、世界最高水準のトリデンテ(3トップ)である「MSN」を形成。目を疑うほどの鮮やかさと優れた決定力を発揮し、いくつもの素晴らしいゴールと勝利を生んだ。

ゆくゆくは、メッシの後継者としてバルセロナの10番を背負うと目されてきたほどのネイマールだったが、PSGは約290億円もの移籍金を支払い彼を獲得した。ネイマールの移籍は、ポグバの移籍金額を大幅に上回る形で歴代最高額となった。

ネイマールがPSG入りを決意した理由には諸説あるが、「(約39億円という)年俸に目がくらんだ」、「メッシの2番手という地位に甘んじることができなかった」、「ブラジル人選手(友人)の多いPSGでの居心地の良さに惹かれた」などが有力視されている。
しかし、ネイマール自身は「僕は金では動かない。常に自分と家族の幸せを考えている。自分の心に従ったまでだよ。お金が欲しいなら他のことをやるし、そういう風に言う人がいるのは悲しいね。信頼してくれるPSGに最高の形で貢献したいと思っているよ」と語った。

CLなど国際舞台でのタイトルに飢えるPSGにとって、ネイマールの獲得はタイトル奪取の可能性の上昇と、クラブとしてブランド力の底上げを実現するものとなった。
獲得には多くの金を要したが、加入直後からサポーターは大熱狂。ネイマールの背番号10のユニフォーム等のグッズ購入のためにできた大行列、リーグ・アンの注目度の急上昇を鑑みれば、多方面での収入の増加が見込まれるだろう。

そして、ネイマールが自身のポテンシャルを最大限に発揮できれば、この移籍はサッカー史の伝説となるに違いない。

おすすめの記事