「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【がんばろまい!】岐阜県のサッカー強豪校5選

2016 8/20 14:15
サッカー,試合
このエントリーをはてなブックマークに追加

近年、目覚ましい成績を残す「帝京可児高校サッカー部」

2006年の全国高校サッカー選手権大会に初出場を果たした「帝京可児高等学校サッカー部」。
その後の3年間は全国の舞台から遠ざかるも、89回大会、90回大会、91回大会と3年連続で全国高校サッカー選手権大会に出場している。
その間も県予選では準優勝やベスト4などの目覚ましい成績を残しており、岐阜県を代表するサッカー強豪校の一つと言える。
また、先日行われた2016年高校総体では岐阜県予選決勝で岐阜工業を破って見事優勝。インターハイ出場を決めた。

恵まれた環境で全国上位を目指す「大垣工業高校サッカー部」

岐阜県は大垣市に校舎を構える「大垣工業高等学校」。
学校の周辺には天然芝や人工芝のグラウンドがあるだけでなく、強化遠征なども豊富にこなしレベルを底上げしている。また学校職員が5名、医療チーム2名、ブラジル人GKコーチが在籍しているなど、指導にも力を入れているのが特徴だ。
サッカーはもちろん生徒の個性を殺すことなく人としての礼儀なども鍛えられるなど、生活面でもレベルアップできる環境が整っている。

おすすめの記事