「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【元祖サッカー王国】静岡県のサッカー強豪校5選

2016 8/20 14:15
サッカー キック
このエントリーをはてなブックマークに追加

清水商業の伝統をつぐ「清水桜が丘高等学校」サッカー部

静岡市清水区にある静岡市立清水桜が丘高等学校は「清商(きよしょう)」の愛称で呼ばれた清水商業と県立庵原高等学校が2013年に統合して生まれた学校である。清商時代には選手権で優勝3回、高校総体で優勝4回、全日本ユース選手権で優勝5回という成績を残し、全国に名前を知られた。
サッカー部OBには小野伸二選手や川口能活選手などのたくさんのJリーガーを輩出している。2015年の静岡大会では決勝で藤枝東に惜しくも破れたが、再び全国の舞台で活躍が期待されている。

堅守で強豪に挑む「常葉学園橘高等学校」サッカー部

静岡市葵区にある中高一貫校の常葉学園高等学校は、強豪がひしめく静岡県の中でも力をつけてきた高校だ。普通科には総合進学コースと総合芸術コースがあり、美術や音楽を専攻できるなどの特色をもっている。高校野球では2年連続で甲子園に出場するなど、スポーツにも力をいれている。
サッカー部は2005年と2012年には強豪ひしめく静岡大会を堅い守備と持ち前の勝負強さで勝ち上がり、全国高校選手権出場を果たした。2016年には高校総体中部地区大会で優勝と調子を上げている。

おすすめの記事