「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【みやましー!】長野県のサッカー強豪校5選

2016 8/20 14:15
サッカーボール、コーナー
このエントリーをはてなブックマークに追加

新鋭 東京都市大学塩尻高等学校

全国高校サッカー選手権の長野県代表として直近5年間で3度出場と、長野県内で近年最も好成績をあげているといえるのが、長野県塩尻市にある東京都市大学塩尻高等学校。以前は武蔵工業大学付属の高等学校だったが、2009年に武蔵工業が医学が東京都市大学へと改称された事に伴い名称が変更となった。
これまで4度出場した全国高校サッカー選手権ではまだ2回戦の壁を越えることができていないが、長野県内で今後さらなる躍進が期待できる高校の1つだ。
松本山雅FCでプレーし、現在はスクールコーチを務める小松憲太氏がOBとなる。

注目を集める 創造学園高等学校

かつては松本女専高等学校、塚原青雲高等学校などの名称だった、長野県松本市にある創造学園高等学校は、設立が1945年と長い歴史をもちながらも、サッカー部ができたのは2004年とかなり新しいチームである。
しかし設立4年目の2008年には現在ヴァンフォーレ甲府でプレーする橋爪勇樹選手を擁し県大会で躍進。2012年には全国高校総体、全国高校サッカー選手権と高校サッカーの2大タイトルである全国大会に初出場を果たすなど現在最も注目を集めているチームの1つだ。

おすすめの記事