「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

世界のサッカー界における背番号11番の特徴とJリーグでの傾向

2017 8/25 10:07Aki
サッカー 11番
このエントリーをはてなブックマークに追加

日本に11番のストライカーを持ち込んだのは

日本に、Jリーグに11番=ストライカーという流れを持ち込んだのは、キングカズこと三浦知良選手だろう。三浦選手といえば11番。そしてストライカーである。
しかし、三浦選手がストライカーとなったのは、Jリーグ開幕を前にして日本に帰ってきてからだ。ブラジル時代は左ウイングの選手だった。左ウイングとしてプレーしてきたからこそ、そのポジションのレギュラーナンバー11番にこだわりを持つようになっていったのだ。
日本帰国後の三浦選手の活躍はご存知の通りだ。Jリーグ初代MVPであり、日本代表としても数多くのゴールを量産してきた選手である。
この三浦選手の活躍により、日本では11番がストライカーの番号となっていったのだろう。
2017年にJリーグで11番を付ける選手の中でも、大宮アルディージャの11番播戸竜二選手はまさに、三浦選手に大きな影響をうけ11番にこだわってプレーしている1人といえる。
実際にヴィッセル神戸ではチームメイトとして共にプレーしていた。
また2017年開幕前にサンフレッチェ広島からJ2で戦う名古屋グランパスに移籍したため、ここでは名前を上げなかったが、佐藤寿人選手も三浦選手に憧れ、11番にこだわる選手となったのだ。

上記2人以外にも、ベガルタ仙台の石原選手、川崎フロンターレの小林悠選手、サガン鳥栖の豊田陽平選手ど、Jリーグで11番を付ける選手はチームのエースストライカーがつける番号だといえる。

おすすめの記事