「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

王者奪還に燃える日章学園高校サッカー部の2017年に迫る!

2017 5/15 09:56kounotori
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年のキャプテンはボランチから1.5列目に転身・佐藤詩響選手

全国高校サッカー選手権が終了して、新生・日章学園高校サッカー部のキャプテンに指名されたのは、MFの佐藤詩響選手。下級生の頃からレギュラーメンバーとして活躍してきた佐藤選手は、針に糸を通すような鋭いパスが持ち味で、幾度となく決定機を演出してきました。
そんな彼が尊敬する選手は、スペイン代表のイニエスタ選手。ドリブルはもちろんパスやシュートも秀逸な“日章学園高校サッカー部のイニエスタ”として、今後の活躍が楽しみな選手のひとりです。

2017年・日章学園高校サッカー部の注目選手!

注目すべきは、MFの佐藤颯汰選手。U15・U16の年代別日本代表選出歴を持つ選手で、鹿児島県内はもちろん、全国から注目を浴びる選手のひとりです。特筆すべきはスピードに乗ったドリブル突破。相手DFに囲まれながらも、細かいタッチで抜き去る姿は、日本代表の原口元気選手を彷彿とさせます。
しかし、フィニッシュの部分で課題があるのも事実です。2017年からはMFではなく、1.5列目でのプレーを期待される場面も多いだけに、今後は決定力をいかに上げられるかがキモとなってきそうです。

2017年の新人大会・九州予選では失点ゼロで完全優勝!

2017年の最初の大きな大会となった新人大会では、九州予選を見事優勝しています。2回戦から決勝に至るまですべての試合で完封。他の追随を寄せ付けない完全優勝を成し遂げました。
そして、九州大会の予選リーグにコマを進めると、第1節で長崎県代表の長崎南山高校に0-1と惜敗。続く第2節では、福岡県代表の筑陽学園高に見事勝利をあげましたが、得失点差で惜しくもおよばず、予選リーグ敗退という結果に終わっています。

まとめ

2016年こそ全国高校サッカー選手権への切符を掴めなかった日章学園高校サッカー部ですが、2017年は世代別の日本代表候補に選ばれた経歴を誇る佐藤颯汰選手や新キャプテンの佐藤詩響選手を筆頭に奪還してほしいですね。

おすすめの記事