「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

スポーツ校として有名な和歌山北高校サッカー部の魅力をご紹介

2017 5/15 18:56まるちゃん
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

和歌山北高校サッカー部の成績

全国高等学校サッカー選手権大会に8回も出場するなど、強豪校として知られている和歌山北高校サッカー部。全国高校総体サッカー大会へも過去に10回も出場するなど活躍していたが、2016年の県新人戦では惜しくも4回戦敗退、プリンスリーグ関西では1勝しかできず10位となるなど低迷している。
とはいえ選手たちのレベルはとても高く、2015年に地元で開催された紀の国わかやま国体では多くの選手が選抜として戦い、和歌山県チームが3位になるなど大活躍を見せた。

4年ぶりの切符を手にした和歌山北高校

全国高等学校サッカー選手権大会に8回目の出場となった和歌山北高校サッカー部。前大会までは初芝橋本高校と近大付属和歌山高校の強豪校が和歌山県予選を突破し、私立勢が全国大会への切符を手にしてきた。
そして2016年におこなわれた県大会の決勝戦。攻める近大付属和歌山高校を鉄壁の守備で防ぎPKのチャンスを生かして得点、その大切な1点を守りきり和歌山北高校が勝利し、見事4年ぶりとなる全国大会への切符を手にした。

和歌山北高校サッカー部の監督

和歌山の強豪校である私立勢に割って入る、公立のエースといっても過言ではない和歌山北高校サッカー部。そんなチームを率いるのが中村大吾監督だ。
比較的若い監督だが国体で和歌山選抜を3位に導いた監督でもあり、実績は折り紙付き。また厳しいだけの指導方法ではなくチームが負けた際に

『ようやった。勝てなかったのは、先生のせいや』

出典: 講談社BOOK倶楽部

と選手にたいして語っているように、チームを思いやり優しく選手を包み込む監督だ。そのため選手たちの信頼も厚く、監督との絆こそがチームの強さの理由となっている。

出典: 講談社BOOK倶楽部

まとめ

スポーツ科があることで有名な和歌山北高校のサッカー部を紹介した。体育科がある高校として全国で2番目に歴史があり、さまざまな競技のアスリートたちを輩出している和歌山北高校。サッカー部も強豪の私立勢をおさえ何度も県大会を制しており、全国大会での活躍が期待されているチームとなっている。

おすすめの記事