「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

近畿大学附属高校サッカー部の強さの理由をご紹介

2017 5/15 18:56まるちゃん
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by matimix/Shutterstock.com

2018年にロシアで開催されるワールドカップをひかえ、ますます盛り上がりを見せているサッカー。そこで日本のサッカーを強くするための根幹を支える、大阪でも強豪校として知られる近畿大学附属高校の強さの理由を紹介していく。

近畿大学附属高校とは?

大阪府東大阪市にある、中高一貫教育をおこなう近畿大学附属高等学校。付属する近畿大学が隣接しており、高校だけでも生徒たちが3000人ほどいることから、マンモス高校として大阪では有名な私立高校だ。また1939年から続く歴史ある高校としても知られている。
サッカー部だけはなく野球部にも力を入れており、数多くのプロ野球選手たちを輩出してきた。スポーツ部としては他にも水泳部も有名で、過去にはオリンピック選手も在籍。運動部と文化部ともに全国大会に出場するなど、さまざまなクラブ活動が活発な高校だ。

近畿大学附属高校を支える中学サッカー部の存在とは

全国高等学校サッカー選手権大会出場の常連校として有名な、近畿大学附属高校サッカー部。
その強さの理由としてもっとも大きなポイントは、中高一貫教育をおこなう中学校のサッカー部の存在にある。基本的なサッカーの技術向上はもちろんのこと、人を思いやる気持ちや自主性、礼儀作法などを学べるクラブを目指して活動している。
そして2016年の大阪中学校秋季総合体育大会では準優勝、 大阪中学校サッカー選手権大会では3位に入賞するなど活躍。在籍した生徒たちはそのまま高校へと進むことから、近畿大学附属高校サッカー部の強さを支えるクラブとなっている。

おすすめの記事