「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

「ラグビー部と切磋琢磨する」東海大学付属仰星高校サッカー部

2017 5/15 18:56おしょう
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

輩出した選手

元日本代表、海本慶治氏は東海大仰星高校出身の選手だ。弟の海本幸治郎氏も東海大仰星からJリーガーとなっている。他にはベガルタ仙台などで活躍した中村伸氏などもいる。近年ではガンバ大阪、日本代表で活躍中の藤春廣輝選手も東海大仰星が輩出した選手だ。
サッカー以外ではMLBで活躍している上原浩治選手や、建山義紀氏などがいる。またラグビー選手が最も多く、大畑大介氏や山中亮平選手、木津武士選手など日本代表クラスが揃っている。

「チーム仰星」の強さ

「チーム仰星」とは学年や部活動などの垣根を取り払って、学校全体が一丸となってチームのようになるというコンセプトのことだ。特にラグビー部との関係性は強く、私立の強豪としては珍しく、グラウンドを分け合って練習している。他には学校生活からも刺激を受けているようだ。
ラグビー部は全国区でありながらも、礼儀正しく、学校生活の取り組みも良い。そういったところからも学び、そして奢ることなくサッカーに取り組める環境となっているようだ。

全国制覇の悲願は叶うのか?

まず、選手権へ出場する為には激戦区、大阪を勝ち抜かなくてはならない。履正社、大阪桐蔭など、強豪校がずらりと並ぶ。しかし、東海大仰星の強みはチーム全体で戦えることにある。ハードワークを身上とし、激しいプレッシングで相手を追い込むサッカーだ。
全国ではこのサッカーで東福岡を破り、青森山田もあと一歩のところまで追い込んだ。東海大仰星のインテンシティ(強度)の強いサッカーを見せることが出来れば、また全国の上位に食い込む活躍が期待できそうだ。

まとめ

近年のサッカーは、またフィジカルや、インテンシティの強いスタイルの高校が台頭している。 その筆頭といえるのが東海大仰星高校サッカー部だ。 技術的にはまだ改善の余地があり、伸びしろはまだまだあると考えられる。今後の東海大仰星高校サッカー部の飛躍に期待だ。

おすすめの記事