「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

選手権制覇なるか?!京都橘高校サッカー部

2017 5/15 18:56おしょう
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

排出した選手

主に地元のクラブチームでもある、J2京都サンガFCに所属している選手が多く在籍していた。小屋松知哉(こやまつ ともや)選手、仙頭啓矢(せんとう けいや)選手、岩崎悠人選手などだ。
小屋松選手、仙頭選手などは全国選手権準優勝に大きく貢献したメンバーでもある。(共に5得点で得点王を獲得)岩崎選手は選手権93回、95回大会で優秀選手に選出されており、全国でも有数のプレーヤーとして知られていた。U-19日本代表にも選出されており、将来の飛躍が期待される選手だ。

京都橘高校サッカー部の練習

京都橘高校のサッカーは、巧さがあることはもちろんのこと、最大の強みはフィジカルにある。その基となっているのが週一のフィジカルトレーニングだ。関節の可動域を広げるストレッチ系のメニュー、アジリティを鍛えるサーキットトレーニング、ジャンプなどのメニューをこなす。
トレーナーのもと正しい姿勢で反復することで、ゲーム中にも随所に強さを見せ、簡単に倒れないなどの安定したプレーを見る事ができる。他にはヨガを取り入れるなど、他の伝統校などと比べて一風変わった練習に取り組んでいる。

2017年の動向

京都橘高校は全国高校サッカー選手権大会には2012年から5年連続で出場している。そのため、今後も京都勢は京都橘高校を中心としていきそうだと予想される。しかし、準優勝以下は混沌としている。京産大附属高校、洛北高校、久御山高校など、惜しくも優勝は逃しているものの地力がある高校もひしめいており、特に洛北高校は全国制覇の実績も持っている。
優勝したのは1967年なので時間は経過しているが、しかしながら近年でも京都の上位に安定して留まっている。京都橘は優勝候補の筆頭ではあるが、決して楽勝ではないことが予想される。

まとめ

京都の代表といえば「京都橘」と言われるほどに全国での知名度も高まっている。 毎年のようにJリーガーを排出していることからもその実力はわかるだろう。 しかし、あくまでも選手が目指すのは全国制覇だ。京都橘高校サッカー部の悲願達成に注目しよう。

おすすめの記事