「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

「打倒野洲高校」草津東高校サッカー部

2017 5/15 18:56おしょう
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

草津東高校が排出した選手

草津東高校サッカー部には、日本代表への選出経験もある高木和道選手が所属していた。高木選手は清水エスパルス、ガンバ大阪などで活躍後、タイリーグ・エアフォース・ユナイテッドFCへ移籍している。高原直泰選手以来となるアルゼンチン国内1部リーグのチームと契約した経歴がある岡谷良選手も草津東高校出身だ。
他にはフットサル日本代表選出の吉川智貴選手などもいる。近年では大学サッカー界の雄、関西学園大学で1年生ながらも主力として活躍中の山本悠樹選手など、実力のある選手を多数輩出している。

草津東高校のサッカー

近年の草津東高校のサッカー部は、体幹を鍛える事でフィジカルに優れたサッカーを体現している。その象徴的試合が2015年の全国選手権大会、東福岡戦だ。試合自体は巧者の東福岡高校に敗れる結果となったが、選手達は随所に力強いプレーを見せてくれた。
これは東福岡高校が母校である長友佑都選手などのトレーニングサポート歴もある木場克己氏の指導の賜物でもある。ゴムチューブや坂道をうまく利用した独自のメソッドでフィジカル、アジリティを強化することに成功した。

草津東高校の2017年は?

草津東高校は、2017年も高総体、選手権ともに優勝候補にあげられている。しかし、他校も侮ることはできない。全国制覇をしている野洲高校を始め、私立の強豪 綾羽高校、規律を重んじる比叡山高校など手強い相手が立ち並んでいるのが現状だ。草津東高校とはいえど簡単には全国の切符を手に入れることはできないだろう。
また今季から参戦を決めたプリンスリーグ関西の動向にも注目だ。滋賀県からは野洲高校と草津東高校が参戦しているが、東海大仰星、京都橘などこちらも強豪揃いだ。スケジュールも過密にはなるが、困難を乗り越える事ができればおのずと全国の舞台が見えてきそうだ。

まとめ

草津東高校は過去に全国選手権準優勝という輝かしい実績を残している。 しかし目標は高く、あくまでも全国制覇を目標としている。 草津東高校は滋賀県、そして全国の頂点に立つ事ができるのか?2017年も草津東に注目だ。

おすすめの記事