「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

「全国制覇を目指して」岐阜工業高校サッカー部

2017 5/15 18:56おしょう
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by matimix/Shutterstock.com

岐阜県でも最多の優勝数を誇る、屈指の強豪校が岐阜工業高校サッカー部だ。 しかし、近年ではライバルとなる高校が複数岐阜県内には現れている。 今回は岐阜工業高校サッカー部について紹介する。

岐阜工業高校とは

岐阜工業高校は岐阜県羽島郡笠松町に所在している。工業高校としても全国有数であり、機械系、電子通信系、土木・建築系、建築系、デザイン系、化学系などの多数の科がある。各学科では多くの国家資格などの資格を習得することができるようだ。
さらに、専門的な学科を学ぶための設備も充実しており、様々な実習設備を完備している。全校生徒数は約1,000人ほどで、サッカー部員数は80人弱と校内で最大規模となっている。

岐阜工業高校サッカー部の成績

創立が1948年でそこから岐阜県内で輝かしい実績を残している。また県内に止まらず全国の舞台でも実績を残しており、平成10年の全国高校サッカーインターハイでは準優勝し、平成13年の全国高等学校サッカー選手権大会でも準優勝している。
近年、他校が台頭してきている中で、平成27年全国高校サッカーインターハイ、平成25年、26年全国高等学校サッカー選手権大会に出場している。しかし、平成15年の全国ベスト8という成績以降は全国の舞台での結果が出ず、厳しい状況が続いている。

おすすめの記事