「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

「11年ぶりの全国大会出場」各務原高校サッカー部

2017 5/15 18:56おしょう
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by makieni/Shutterstock.com

岐阜県の強豪高として、県内大会上位の常連となっているのが各務原高校サッカー部だ。 岐阜県といえば強豪・岐阜工業高校などもあるが、各務原高校はそれらの強豪校とも渡り合ってきた。 今回は各務原高校サッカー部について紹介する。

各務原高校とは

各務原高校は岐阜県各務原市に位置する高校だ。『開拓者精神』創造・挑戦・協同という校訓を元に文武両道を目指しており、普通科、理数科、英語科の三つの科から成り立っている。英語科ではオーストラリア、カナダのハイスクールなどとの国際交流も行われている。
部活動はサッカー部を始めとした運動部の他、文科系も盛んに活動している。中でも部員が約60人ほど在籍しているサッカー部は、運動部としては最大級となる。

各務原高校サッカー部の成績

岐阜県の高校サッカーは長い間、岐阜工業高校の1強時代が長く続いていた。その影で2009年から2013年までの各務原高校は、5大会連続で岐阜県予選決勝まで進出するものの、決勝では僅差で惜しくも敗れ、辛酸を舐めるという結果で終わっていた。
そうした中2015年大会では、2004年大会以来、実に11年ぶりに全国への切符を獲得し、初戦の佐賀県立佐賀北高校に1対0、2回戦の奈良県立香芝高校相手に1対0で勝利し、初のベスト16入りを遂げた。

おすすめの記事