「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

「爽やかに ひたむきに 挑戦者たれ」創造学園高校サッカー部

2017 5/15 18:56おしょう
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by matimix/Shutterstock.com

創造学園高校サッカー部は長野県を代表する屈指の強豪チームだ。 2005年に創部された若いチームではあるが、創部8年目に全国大会出場と着々と力をつけているチームでもある。 今回は創造学園高校サッカー部について紹介する。

創造学園高校とは

創造学園高校は長野県松本市に所在しており、2005年に塚原青雲から創造学園大付属へ、2011年に創造学園高校と校名が変更された。部活動の数は多くないが、サッカー部のほか、野球部、バレーボール部、陸上部なども全国大会への出場経験があり、声優部という全国でも珍しい部活動などもある。
教育方針は校名の通り、創造育成を通した人材の育成を目標としているようだ。主な学校行事として創造祭などが行われている。

創造学園高校サッカー部の成績

サッカー部は創部4年目の2008年に長野県ベスト8の成績を残すと、2012年に全国高校サッカーインターハイ(以下IH)予選で準優勝。IHが長野県開催であった為、開催県として全国の舞台を経験しており、同じく2012年の全国高等学校サッカー選手権大会予選では見事優勝し、初となる選手権の切符を手にした。
近年でも2015年の長野県新人大会で優勝、2016年の全国高等学校サッカー選手権大会優勝という好成績を残しており、長野県屈指の強豪校として全国からも注目されるチームへと成長を遂げている。

おすすめの記事