「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

全国高等学校サッカー選手権大会初出場にして初優勝を果たした山梨学院高校サッカー部の軌跡

2017 5/15 18:56kounotori
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

2度目の出場となる全国高等学校サッカー選手権大会ではベスト8

山梨学院高校にとって2度目の出場となった第89回全国高等学校サッカー選手権大会では、前大会での勢いをそのままに、怒涛の快進撃を続ける。
2回戦で長崎県代表の強豪・国見高校を3-1で破り、難なく初戦を突破。続く3回戦では、東京都代表の駒沢大高校に1-0で勝利しベスト8に進出した。準々決勝では千葉県代表流通経済大柏高校に1-2という結果で惜しくも敗れたが、山梨学院高校の実力が世に知れ渡る大会となった。

3度目の出場以降は、3回戦進出が最高

3年連続で3度目の出場となった第90回全国高等学校サッカー選手権大会では、初戦で兵庫県代表の市立西宮高校に2-3で惜敗するものの、同大会の優秀選手に2名が選出されている。その後は2年ほど全国高校サッカー選手権大会で姿を見せず、第93回大会で4度目の出場を果たす。
1回戦で兵庫県代表の滝川第二高校、2回戦で岐阜県代表の岐阜工業高校に勝ったが、群馬県代表前橋育英高校に敗れ、3回戦で敗退という結果に終わってしまった。また、95回大会には5度目の出場を果たしたが、93回大会で出場した時と同様、3回戦で敗退した。

山梨学院高校サッカー部の注目選手はFWの加藤拓己選手

2017年度の山梨学院高校サッカー部において、もっとも注目すべきは加藤拓己選手だ。第95回全国高等学校サッカー選手権大会では、左足首負傷で出場こそなかったが、山梨県予選では全試合で得点をあげる活躍を見せた。
また加藤拓己選手は、2015年にU-16日本代表としてインターナショナルドリームカップに出場、その翌年にはU-17日本代表としてチェコ遠征に参加するなど、将来が期待される選手のひとりだ。

まとめ

全国高等学校サッカー選手権大会に初出場で初優勝したのは、1986(昭和61)年に開催された第65回大会の東海大一高校以来、実に23年ぶりの快挙だった。2017年度開催では、アンダー日本代表経験を誇る加藤拓己選手を筆頭に、どこまで躍進してくれるか楽しみだ。

おすすめの記事