「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

日本代表を輩出した名門!修徳高校サッカー部とは

2017 5/15 18:56芝田カズヤ
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

下部組織を持つチーム

修徳高校サッカー部の特徴の1つが下部組織を持っていることだ。修徳FCと呼ばれるこのチームは幼児や小学生を対象としたスクールだ。
修徳高校の人工芝グラウンドで活動しているほか、スクールの指導には修徳中学校サッカー部の吉田拓也監督もヘッドコーチとして関わるなど、小学生?中学生、そして高校へと修徳で一貫して指導が受けられる体制が整っている。
もちろんスクールを卒業した選手がそのまま修徳中、修徳高に進学してくるわけではないが、下部組織の存在は修徳高校の強さの理由の1つなのかもしれない。

S級監督が指導するチーム

修徳高校サッカー部を指揮するのは岩本慎二郎監督だ。岩本監督は1999年から2007年まで修徳高校のコーチを務め、その後U-16日本代表でコーチを経験し、2008年から修徳高校の監督に就任している。
そんな岩本監督は、日本サッカー協会公認の指導者ライセンスS級を持つ監督だ。S級とは日本で431人(2015年時点)しか持っていない日本の指導者ライセンスの最高位で、Jリーグのチームや代表チームの監督を務めることもできる資格だ。
修徳での長年の経験と代表チームでの経験に加えS級の高い指導力でチームを指揮し、全国大会に導くなどチームに欠かせない監督だ。

東京都の壁を越えられるか?2017年の戦い

近年の修徳高校は2013年の高校選手権の出場を最後に全国大会から遠ざかっている。また、東京都ではこれまでの強豪校に加えて、サッカーに力を入れるチームが増えていることにより厳しい戦いになることが予想される。修徳高校も全国大会を経験しているチームとはいえ、勝ち抜くことは決して簡単なことではない。目の前の相手に1試合1試合全力で向かっていくしかないだろう。
このような中でどのような戦いを見せてくれるのか期待したいところだ。

まとめ

修徳高校サッカー部について紹介してきた。長い歴史と伝統を持ち、長年東京の高校サッカーを牽引してきたチームの1つだ。全国大会から遠ざかるなど苦しい時期もあったが、2017年は勝利なるか、修徳高校の戦いに注目だ。

おすすめの記事