「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【けっぱる!】青森県のサッカー強豪校5選

2016 7/28 19:12
青森 高校サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

県ベスト4の壁を打破が目標【三本木農業高校】

十和田市にある県立の農業高校。2015年に創立120年を迎える歴史ある学校です。前身は畜産学校として獣医師の育成にあたっていました。校訓は「自主協同」「自立責任」「質実剛健」「言行一致」との教えで農業人を育てています。 サッカー部の創立は昭和17年と、県内最古の伝統があります。かつては全国ベスト8の経験もある古豪ですが、近年は青森、八戸勢のためにベスト4の壁に阻まれています。目標は決勝進出で、久しぶりの全国挑戦です。

愛称は「のっぺ」【八戸学院野辺地西高校】

青森県下北半島の付け根にある野辺地町にあります。むつ小川原開発に関わる人材育成のため、工業高校として1973年に開校。1997年に総合学科設置の際に、現在の校名になりました。 同じ町にある野辺地高が「のこう」、工業高校時代に「のっぺ」と区別されて呼ばれたのにちなみ、今の校名になっても「のっぺ」と呼ばれています。 サッカー部は県内でベスト4からの脱皮を図っています。野辺地は県内でも有数の豪雪地帯のため、冬場の練習の工夫が課題。室内で磨いたパスサッカーをフィールドでも展開することが目標です。

おすすめの記事