「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

サッカーにおけるFWの役割とは?

2016 7/24 17:12
サッカー、獲物
このエントリーをはてなブックマークに追加

走ることで守備を崩す

時にFWは走り続けるだけでも活躍することができる。身近な日本人選手で言うならば、岡崎選手がこれに一番該当するのではないだろうか。相手のオフサイドラインギリギリを走り続けることで、相手DFからすれば「いつ裏に抜けられるかわからないぞ」といった緊張が生まれる。この緊張を試合を通してかけ続けることができれば、疲れから相手DFに綻びやプレーに粗さが生じてくる。そこに別のFWの選手なりMFが攻め込むことができれば、得点のチャンスは一気に大きくなるんだ。

強面であることもアドバンテージ?

これはおかしな話かもしれないが、強面であることもFWとして活躍できる要素の一つになる。相手選手に「いかにもこの選手決めそうだ」、「怒らせると怖い」、「身体がデカすぎる」など、これらは一見ささいなことに見えて、結構相手の心理面にダメージを与えられるそうだ。その分上の項と同様に、守備に揺らぎが怒る。強面のFWで言えばイングランドプレミアリーグ、チェルシー所属のジエゴ・コスタ選手なんかはこの部類にピッタリと当てはまる。彼の場合は得点力もあるのだが、その強面を活かした相手への圧もかなりのものだ。

おすすめの記事