「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

スキージャンプの注目選手! 高梨沙羅選手の強さのルーツを徹底解説!

2017 5/1 19:13吉田 和喜
スキー
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 j-wave.co.jp

今や、日本のみならず世界的に見てもスキージャンプ女子の第一人者となった高梨沙羅選手。今でも自身の持つ世界記録を更新し続けているが、どこにその”強さ”のルーツがあるのか探っていきたいと思う。

女子スキージャンプの最年少記録を次々と打ち立てる高梨選手

世界の女子スキージャンプの第一人者として、圧倒的な実力を誇る高梨選手。記録に注目してみるとそのすごさがわかる。
2011年の2月19日にオーストリアのラムサウで行われたコンチネンタルカップで女性選手史上最年少優勝を果たしたのを皮切りに、次々と記録を打ち立てる。2012年3月3日に日本の蔵王で行われたワールドカップ第11戦では日本人女子初の優勝、2012年/2013年シーズンには2戦を残した状態で8勝をあげ、FISワールドカップ史上最年少での年間個人総合優勝を果たした。
この時まだ16歳4か月と、まだあどけなさが残るインタビューを覚えておられる方も多いのではないだろうか。これらの記録だけでも、高梨選手がいかに圧倒的な”強さ”を持っているのかがわかる。

高梨選手の”強さ”のルーツは家族にあり

高梨選手の”強さ”のルーツはどこにあるのだろうか。彼女の背景をたどっていくと、ルーツは幼い時からの家族によるスキージャンプ英才教育にありそうだ。
高梨選手の出身地は北海道上川郡上川町。冬になると雪が何mも降り積もる豪雪地帯だ。高梨選手は、そこで小学校2年生の時からアルペン用のスキーを履いてスキージャンプを始めた。
コーチは父で元スキージャンプ選手の高梨寛也氏。高梨氏は現在もクラレのスキージャンプチームの監督をされている。そして兄の寛太氏も元スキージャンプの選手で、2015年にはユニバーシアード代表として大会にも参加したほどの実力者。
高梨選手の”強さ”のルーツは家族での幼い時からの英才教育にあるようだ。

おすすめの記事