「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

スキージャンプ・葛西紀明選手の功績とは!

2016 12/2 01:42
スキー
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典http://number.bunshun.jp/

スキージャンプ界のレジェンドこと葛西紀明選手。最近の大会では、2014年のソチオリンピック個人、団体ともに銀とその活躍ぶりを記憶している方も多いだろう。ここでは、そんな葛西選手のこれまでの功績と足跡を紹介していきたいと思う。

葛西紀明選手の道のり

日本スキージャンプ界をリードしてきた葛西紀明選手。これまでの活躍は素晴らしいものがある。葛西選手は、北海道下川町の出身で、16歳の若さで日本代表として国際大会のデビューを飾った。
その3年後にはアルベールビルオリンピックに出場して以来、合計7回の冬季オリンピックで活躍した。長野オリンピックでは団体メンバーから外れるなどの悔しい思いをし、そして7度目のソチオリンピックで念願のメダルを獲得した。現在は、所属チームの土屋ホームの選手兼任監督として、そのキャリアを続けている。

葛西紀明選手のジュニア時代

葛西紀明選手は20年以上もそのキャリアを続けており、その第一線で活躍し続けている業績から、日本国内外問わず“レジェンド”と呼ばれ愛されて続けている。そんな葛西選手の才能は、ジュニア時代から開花していた。東海大四高1年時のスキージャンプワールドカップにおいて、史上最年少16歳6か月という若さで初出場を果たし、同年1月のSTVカップでは、国際大会で初の優勝も勝ち取っている。
1980年代はスキージャンプの飛行スタイルがV字に変った時期でもあり、その習得に時間を要した結果アルベールヒルオリンピックでは入賞を果たすことができなかったが、習得以降は、スキーフライング世界選手権で金メダルをとるなど、実績を重ねていくことになる。

葛西紀明選手の長野オリンピック

葛西紀明選手にとって、長野オリンピックはとても悔しい思いをした大会だった。現に彼は、「長野オリンピックの悔しさがあったからこそソチオリンピックでの活躍があったし、今なお選手生活を続けていられている」と話している。
長野オリンピックでは、個人ノーマルヒルで入賞を果たすも、個人ラージヒル、さらには団体メンバーからも外され、その結果、日本男子が金メダルを獲得した瞬間をその横で眺めるしかなかった。そのくやしさをバネにさらなるトレーニングを嵩ね、その後のワールドカップでは4シーズンぶりで優勝を飾るなど見事に立ち直りを見せた。

葛西紀明選手のソチオリンピック

葛西紀明選手の最近の名場面と言えば、やはりソチオリンピックを外すわけにはいかないだろう。このソチ大会では、史上最年長で日本選手団の主将を務めた。個人種目のノーマルヒルでは活躍を期待されていたが、8位で入賞を逃す。しかし、ラージヒルではギリギリとの勝負の末、見事銀メダルを獲得し、7度目のオリンピック出場で初めてメダルを獲得することができたのだ。
こうして、日本ジャンプ界にとって、長野オリンピック以来の個人のメダルをようやく手にすることができたのだ。

葛西紀明選手のプレースタイルと人気

日本スキージャンプ界の“レジェンド“と呼ばれ敬愛される葛西選手の飛行中の姿勢は、身体をスキーの板よりも前にせり出し深く前傾を保ち、大きく広げた両手は風をつかむようなスタイルだ。
このダイナミックな独特のフォームが本場ヨーロッパで定評があり、“KAMIKAZE KASAI”とも呼ばれていた。2014年には、ワールドカップで史上最年長優勝を飾るなど、40歳を過ぎても尚その衰えをしらない活躍ぶりだ。海外メディアからも取り上げられる葛西選手は、まさに“レジェンド“と呼ぶに相応しい人物といえる。

まとめ

日本スキージャンプ界のレジェンドこと葛西紀明選手のこれまでの功績とその足跡を追ってきた。40歳を過ぎても尚輝き続けている葛西選手のますますのご活躍を期待している。

関連記事

おすすめの記事