「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

“スキージャンプ”の歴史やルールなどの基礎知識をご紹介

2016 11/19 13:39
スキー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Tyler Olson/Shutterstock.com

スピードを上げジャンプ台から飛ぶスキージャンプは、処刑法が起源と噂されるほど恐怖感のあるスポーツ。日本人選手ではレジェンドと称される葛西紀明選手や、高梨沙羅選手が有名ですよね。そこでスキージャンプの歴史や基礎知識を、初心者の方にもわかりやすくご紹介していきます。

スキージャンプの起源と歴史とは

恐怖感のあるスピードと高さ、そして距離。ほぼ“飛んでいる”姿から、起源は処刑法だったという説があるスキージャンプ。しかし実際には根拠はなく、1840年頃のノルウェー・テレマーク地方が発祥とされています。
スキーで遊んでいる際に自然発生的に競技となったと伝わっていて、最初の頃の有名な競技者はテレマーク地方出身のNordheim(ノルトハイム)。
はじめてのジャンプ競技会が開催されたのは1877年で、テレマーク地方の少年が出した23mという記録が残っています。そしてノルディックスキーやスキージャンプなどテレマーク地方から発達してきたこともあり、今でも高得点に結びつく美しい着地の姿勢を“テレマーク姿勢”と呼びます。

世界一を競うスキージャンプの競技大会

スキージャンプは雪のあるシーズンだけでなく、年間を通して開催されます。夏には“サマージャンプ競技”と呼ばれ、摩擦係数が低い滑走路を使用します。
国際スキー連盟が主催する“世界選手権”が2年おきに開催。
毎年シーズンを通して世界を転戦する“スキージャンプ・ワールドカップ”も開催されています。
年末年始のシーズンにはワールドカップと兼ねて4連戦で競い合う“Four Hills tournament”という大会もあります。
もちろん4年に1度の冬季オリンピックでも正式種目となっています。

おすすめの記事