「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ラグビー日本代表、W杯開幕へ期待と不安 BK決定力向上も各ポジションで経験不足懸念

2019 9/2 17:00藤井一
ラグビー日本代表キャプテンのリーチマイケルⒸゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

前回経験者は10人、そのうちBKには4人

ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会(9月20日~11月2日)に臨む日本代表メンバーが8月29日に発表された。ジェイミー・ジョセフのHCとしての集大成、選び抜かれた31人を前回経験者を中心に分析する。

WTB、FBで選ばれている20代半ばのフィニッシャー福岡堅樹、松島幸太朗は、この4年ですべてにおいて進化した。つまり日本代表はBKの決定力がアップしたのだ。

しかし、CTBには前回W杯経験者がいない。このところ成長著しい中村亮土が、ウィリアム・トゥポウ、ラファエレ ティモシーと組んで臨むことになるが、3人とも代表キャップ数は20に満たない。29歳の経験豊富なSOもできる立川理道はジェイミー・ジョセフHCから評価されなかったが、この3人のキャップ数を足しても立川の55に及ばない。経験不足を補う何かが3人には求められる。

4年前、どちらかといえば控え的な存在だったSOの田村優は30歳になった。彼も経験を積むことで着実に成長した。ワールドカップ本番でもしっかりとしたゲームメイクを期待したい。

視野が広く、創造性抜群のSO山沢拓也は立川同様、今年の宮崎合宿の段階で外されていたのが個人的には大変残念だが、山沢、立川については外野がとやかく言うことではないのだろう。SOは田村と、山沢とは同世代の松田力也に任せることになる。

SHは3人選ばれている。そのうちの一人が前回経験者の34歳、田中史朗だ。このところ茂野海人、流大の起用が多いので、W杯は3回目となる田中はプレーヤーとしてよりもアドバイザー的な役割としての選出と考えられる。茂野、流ともにいいセンスをしているが、4年前の田中以上になれるかは未知数である。

おすすめの記事