「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

サンウルブズ、来季でSラグビーから除外 ラグビー日本代表の強化につながったのか

2019 4/14 15:00藤井一
サンウルブズ,Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

サンウルブズ除外は突然のようで実は必然

3月21日、サンウルブズが2020年を最後にスーパーラグビーから除外されることが決まったと日本協会から発表された。

大変残念だが、サンウルブズは昨季までの3年間で通算6勝しかしていない弱小チームである。スーパーラグビーを統括するSANZAAR(南アフリカのSA、ニュージーランドのNZ、オーストラリアのA、アルゼンチンのAR)の各チームにとっては、サンウルブズと対戦するため、わざわざ日本やシンガポールに遠征するなどもう御免と考えても不思議ではない。

除外が決まったと報道された時、日本の各メディアはかなり騒ぎ立てたが、そもそもサンウルブズは5年契約で参加が認められたチーム。「5年経過したから除外」という措置がとられたというだけのことだ。

さらに付け加えるなら、サンウルブズ2季目のシーズン終了後、スーパーラグビーは参加チーム数を18から15に削減している。そのとき削減の対象となったのは南アフリカ2チーム、オーストラリア1チームである。5年契約であっても初年度が1勝で最下位、2季目は2勝で17位のサンウルブズが除外3チームの中に入っていないことに首を傾げたスーパーラグビー関係者は少なくなかった。

そして15チームになった昨年の3季目も3勝したものの最下位。徐々に強くなってきたと感じている方もいるかと思うが、客観的に見たら、やはりサンウルブズはスーパーラグビーで最も弱いチームなのである。

おすすめの記事