「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

盛り上がりを見せる大学ラグビー、一方でトップ選手の強化には課題も……

2018 12/15 15:00藤井一
ラグビーⒸShutterstock.com
このエントリーをはてなブックマークに追加

往年の熱狂を取り戻した早明戦、帝京のV10はなるか?

今年の早明戦は、秩父宮ラグビー場が2万2千人を超える大観衆で埋まり、久々に盛り上がった。

勝った早稲田は、対抗戦グループで帝京と同率優勝。大学選手権10連覇をめざす帝京の強さは盤石ではなく、春からの練習試合を含めて明治に3連敗。その明治は対抗戦で慶応・早稲田に敗れ、慶応と並んで3位(大学選手権には対抗戦4位として出場)と力は拮抗している。

リーグ戦では東海が優勝。大東文化や流通経済も差はなく、皆破壊力がある。また、関西では天理が充実。これもまた間違いなく大学選手権優勝候補の一角で、優勝争いは混沌としている。帝京1強の図式が崩れるか?ということで、今年の大学選手権は近年にない盛り上がりを見せそうだ。

トップリーグは15年目

トップリーグが始まって15年。大学卒業後、まだまだ問題点はあるものの、トップレベルの選手がプレーできる環境も以前と比べれば整備され、今年はニュージーランド、いや、世界の名SOダン・カーターも神戸製鋼にやってきた。その結果、大学と社会人(トップリーグ)との実力差は“また”開いてきている。

おすすめの記事