「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

日本はラグビーW杯でベスト8に入れるのか?テストマッチから見えた現状

2018 12/2 11:00藤井一
ラグビー日本代表,Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

イングランド戦は前半リードも後半0点

その後日本は遠征し、イングランドとテストマッチを戦った。イングランドとニュージーランドが死闘(16-15でニュージーランドの逆転勝ち)を繰り広げた翌週のことだ。

前日本代表HCであり現在はイングランドHCであるエディ・ジョーンズが、「日本はむずかしい相手だ」といくら選手たちを鼓舞しようとも、世界ランク1位のニュージーランド戦と同じモチベーションで日本戦に臨むのは無理というもの。

だから前半、日本は15-10とリードできたのだが、イングランドも8万人を超える地元トウィッケナムの観衆の前で、日本に敗れるわけにはいかない。正SOオーウェン・ファレルを投入した後半は、一方的に試合を支配し、日本は得点どころかチャンスさえもほとんど作れず、イングランドが35-15と逆転勝ちした。

エディは「ニュージーランド戦から日本戦まで、練習は3日だけ。来年のW杯で、初戦のトンガ戦から2戦目のアメリカ戦まで中3日しかないから」とすでに本番リハーサルに入っていることを強調している。

そういえばエディは日本代表HC時代にも同様のことを実践していた。イングランドにとって実に意義深いテストマッチシリーズだったのだ。

タナボタ出場国に大苦戦

遠征最後はワールドカップで日本と同じプールの開幕戦の相手でもある格下ロシア戦だ。

ロシアのフィジカル重視のシンプルな戦い方は見事で、主将リーチマイケルの獅子奮迅の活躍がなければ日本は負けていただろう。(32-27で勝利)

ロシアはルーマニア、スペインが代表資格のない選手を出場させてワールドカップ予選を戦ったために繰り上がったいわばタナボタの出場国。ロシアにとって日本との真剣勝負は貴重な経験で、その上、十分勝負になる感触と自信を得たのだから収穫はこの上もなく大きい試合だったはずだ。

おすすめの記事