「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

「W杯初戦のロシア戦が一番重要」ラグビー日本代表リーチ マイケルに聞く①

2018 9/20 06:00四家秀治
リーチマイケル,ラグビー,日本代表,ⒸSPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

約一年後に迫ったラグビーワールドカップ2019日本大会。開幕へ向けラグビー日本代表に注目が集まる中、前回W杯日本代表主将で今大会も主将候補のリーチ マイケル選手が来年へ向けた思いを熱く語った。

4年前のW杯とは違う

―ワールドカップ(以下W杯)まであと1年、今、どんな心境ですか?

あと1年か、早いなあという印象です。

―1年前のチームの状態としては2015年のW杯の1年前と比べてどうですか?

(2015年までは)日本はW杯でしばらく勝っていませんでした。(1991年の第2回大会以来勝ち星なし)

自分たちのチームでも勝っていませんでしたから、W杯前のメンタリティとしては2015年に3勝している経験がある分、4年前とは違います。

前回のW杯で勝利した経験のあるメンバーがいるのは大きいです。

―ヘッドコーチがエディ・ジョーンズからジェイミー・ジョセフに変わったことについては?

もちろん、エディの頃の経験は大きいです。ジェイミー(の指導)だけでは難しい。

今の日本代表は、ジェイミーの掲げたプランを消化してスタンダードを仕上げるのは選手たちというやり方で、考えながらやっています。4年前よりチームには柔軟性もあります。

チームの方向性としても今はいい感じだと思います。

―では、2015年以降の日本代表を振り返ってください。

2015年の前と今回とでは、対戦相手が違います。

オーストラリアともアイルランドとも戦いました。今年はイタリアとも試合をしました。 これからニュージーランド(以下NZ)、イングランドとも試合ができます。

世界のトップ4といっていいNZ、イングランド、オーストラリア、アイルランドと試合ができるのは大きいです。前回は、トップレベル(ティア1)の国としてはウェールズと試合をしたぐらいですから。

今年6月のテストマッチではイタリアとの1戦目が戦い方としては完璧でした。自分たちで考えたプラン通りに戦って勝てました(34-17)。でも、イタリアとの2戦目は敗れ(22-25)、ディフェンスに問題があることがわかりました。

身体づくりとゲームマネジメントの重要性も再認識することができました。これはいい経験と捉えています。課題が見つかったわけですから。

―身体づくりについては、エディ体制のときにも徹底的にやりましたよね。

朝から5部練、あれはやりすぎ。(笑)

でも、フィットネスは高めないといけません。しっかりやっていきます。それから走ること。その量とスピードもとても重要です。トランジション(攻守の切り替え)の速さは世界一にならなければいけないと思っています。

おすすめの記事