「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

2018年冬の花園を制するのはどこだ!有力校と有力選手を紹介

2017 11/10 12:24あんこ
ラグビー 高校
このエントリーをはてなブックマークに追加

全国高等学校ラグビーフットボール大会とは

第97回全国高等学校ラグビーフットボール大会が、2017年12月27日~2018年1月8日の日程で開催される。高校球児が「甲子園」を目指すのと同じ気持ちで、高校ラガーマンは「花園」を目指す。それほど全国高等学校ラグビーフットボール大会は由緒ある大会であり、その優勝を手にするのは最大の名誉であり勲章である。

「甲子園」と同じく「花園」も会場となる場所の名前である。花園の正式名称は「東大阪市花園ラグビー場」であり、日本最初のラグビー専用グラウンドである。過去から現代まで数々の大会が開催されており「花園」「花園へ行く」という言葉はラガーマンにとって強い決意を秘めた大事な言葉なのだ。

第97回大会の出場枠も例年通りに51校と決まった。北海道、東京は2校、大阪が3校、その他の県は1校の出場となり、各都道府県で予選が行われている。12月2日に組み合わせ抽選会があり、3回戦までの対戦カードが決定する。

1試合のベンチ入り人数は今まで25人だったが、ケガやアクシデントに備え、97回大会から30人まで登録可能になった。

過去5年の優勝校は

2012年 優勝 常翔学園(大阪)  準優勝 御所実(奈良)
2013年 優勝 東海大仰星(大阪) 準優勝 桐蔭学園(神奈川)
2014年 優勝 東福岡(福岡)   準優勝 御所実(奈良)
2015年 優勝 東海大仰星(大阪) 準優勝 桐蔭学園(神奈川)
2016年 優勝 東福岡(福岡)   準優勝 東海大仰星(大阪)

ラグビーは関西が強いというイメージがあるが、やはり大阪、奈良など関西勢の活躍が目立つ。神奈川や福岡も、ここ数年は力をつけてきており、優勝は毎年のように入れ替わっている。

優勝回数最多15回を誇る秋田の秋田工だが、1987年以降優勝から遠ざかっており、戦前1強時代を築いた同志社(京都・優勝回数8回)は大会に姿を見せなくなってしまった。
常翔啓光学園(大阪・優勝回数7回)、天理(奈良・優勝回数6回)東福岡(福岡・優勝回数6回)など、新たな強豪として名を挙げる高校が増えてきた。それでも依然、関西の勢いは強い。

おすすめの記事