「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

第53回全国大学ラグビーフットボール選手権の情報まとめ

2017 3/22 18:27miyanoki-wataru
ラグビー
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 http://www.plus-blog.sportsnavi.com

大学ラグビー日本一のチームを決める全国大学ラグビーフットボール選手権は、1964年に初めて開催され以来毎年行われている。 2016年11月から2017年1月にかけて開催された第53回全国大学ラグビーフットボール選手権を解説しよう。

新たにトーナメント方式が採用された第53回大会

全国大学ラグビーフットボール選手権は、第49回大会以降、総当たり戦を勝ち抜いたチームによる準決勝・決勝が行われてきた。
第53回全国大学ラグビーフットボール選手権では、その方式が変更になり、過去4年間の成績により選ばれた14チームによるトーナメント戦が行われている。トーナメント方式にはシード制が導入されており、より実力の近いチーム同士が対戦し、大学ラグビーの強化につながるように組み合わせが決められた。

結果は帝京大学が堂々の8連覇を達成!

第53回全国大学ラグビーフットボール選手権の決勝戦は、秩父宮ラグビー場にて帝京大学と東海大学によって行われた。結果は33対26で帝京大学が優勝を勝ち取った。帝京大学はこれまで7連覇しており、今大会の優勝で8連覇を成し遂げ、大会連覇記録を更新している。
また、上記2校と準決勝で対戦したのは天理大学と同志社大学だ。天理大学は帝京大学と対戦し、結果は24対42だった。同志社大学は東海大学と対戦し、12対74という結果になっている。

おすすめの記事