「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

パラリンピック円盤投げ大井利江選手について

2017 6/13 12:41フェデ
円盤投げ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by wavebreakmedia/Shutterstock.com

パラリンピック円盤投げのメダリスト大井利江選手をご存じですか?奥様と一緒に挑んできた競技生活のエピソードがよく知られています。その親しみやすい性格が彼の魅力の一つでもあります。

円盤投げのベテラン「大井利江」選手

北京パラリンピック陸上男子円盤投げで見事銅メダルを獲得した大井利江選手。彼は岩手県洋野町種市出身の選手です。この時すでに60歳と陸上最年長選手での出場となりました。
陸上選手として戦い、そして彼を支えてきたのが妻の須江子さんでした。彼女のサポートもあり、見事北京で銅メダルを獲得することができました。大江選手が銅メダルを獲得したその際のコメントが

「女房に残念だったと報告します。」

出典: 毎日新聞(9月15日配信 )

でした。実は、前回大会のアテネパラリンピックでは銀メダルを獲得していたため、そのような言葉になったのだそうです。金メダルをともに目指していただけにそのくやしさから出た言葉でした。

円盤投げのメダリスト大井利江選手とは。

パラリンピック円盤投げ、アテネで銀メダル、北京で銅メダルを獲得した大井選手。彼は岩手県沿岸の洋野町出身で、遠洋マグロ漁業の漁師である父の後を継ぎました。
しかし39歳の時、北太平洋ミッドウェー沖にてマグロ漁船を操業中、突然のしけに見舞われ、漁具が体にぶつかります。その結果、胸から下がマヒとなり、車いすを使用することになりました。当初はかなり落ち込んだそうですが、妻、子ども3人のために、前を向いて進んでいく覚悟を決めました。

おすすめの記事